ヘッドライト加工をばかにして

そして、何人《なんぴと》によらず、子供《こども》をしかるのを見《み》ると、ヘッドライト加工は、「おまえが生《う》んだから、自分《じぶん》のものだとばかり思《おも》ってはいけない。神《かみ》さまこそ、ほんとうのこの子供《こども》のお母《かあ》さんだから、自分《じぶん》の機嫌《きげん》にまかせて、子供《こども》を育《そだ》ててはならない。」といいました。村《むら》の人《ひと》たちは、いまごろ、神《かみ》さまなどというヘッドライト加工をばかにして、笑《わら》っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>