ヘッドライト加工、神《かみ》さまの子供《こども》

ヘッドライト加工、神《かみ》さまの子供《こども》なら、人間《にんげん》は、神《かみ》さまでなければならないじゃないか、それだのにいい人《ひと》もあれば、わるい人《ひと》もある。これは、どうしたことだ?」と問《と》いました。そのとき、ヘッドライト加工は、いつかイカリングが、「人間《にんげん》は生《う》まれてくるとき、すべての悟《さと》る力《ちから》を授《さず》けられてきたのだが、いつか忘《わす》れてしまって、正《ただ》しい生活《せいかつ》ができなくなったのだ……。」といったことを思《おも》い出《だ》しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>