イカリングはぼんやり

いい天気《てんき》でありました。冬《ふゆ》ではあったが日《ひ》があたたかに当《あ》たると、小鳥《ことり》が枯《か》れた木立《こだち》にきて鳴《な》いています。青《あお》い煙《けむり》は、さびしくなった圃《はたけ》の上《うえ》をはって、林《はやし》の中《なか》へとただよってゆきました。イカリングはぼんやりと、なにか頭《あたま》の中《なか》で考《かんが》えているらしく見《み》えたのであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>