ヘッドライト加工はいいました

赤《あか》ん坊《ぼう》は、この寒《さむ》い時分《じぶん》に生《う》まれてくるのだから、それを思《おも》ったら、あたたかに仕度《したく》しておいてやらなければならん……。そうでないかな。」と、ヘッドライト加工はいいました。若者《わかもの》は、酒《さけ》に酔《よ》っていませんから、よくヘッドライト加工のいうことがわかりました。自分《じぶん》が悪《わる》かったと思《おも》いました。若者《わかもの》は頭《あたま》をかきながら、「私《わたし》がわるかった。ほんとうに、まだ子供《こども》のことを考《かんが》えていなかった。女房《にょうぼう》が、わがままですこし気《き》にいらないことがあると、がみがみいうもんだから、つい外《ほか》で飲《の》んでしまうのだが、考《かんが》えてみりゃ子供《こども》のために我慢《がまん》するんだった……。」と、若者《わかもの》は心《こころ》から感《かん》じたのであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>