イカリングは自分《じぶん》の身《み》の寒《さむ》いことなどは忘《わす》れて

イカリングは自分《じぶん》の身《み》の寒《さむ》いことなどは忘《わす》れて、ただこの貧《まず》しげな家《いえ》のようすがどんなであろうということを、知《し》りたいと思《おも》っているふうに見《み》えました。家《いえ》の内《うち》にはうす暗《ぐら》い燈火《とうか》がついて、しんとしていました。まだ眠《ねむ》る時分《じぶん》でもないのに話《はな》し声《ごえ》もしなければ、笑《わら》い声《ごえ》もしなかったのであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>