カテゴリー別アーカイブ: ヘッドライト加工

ヘッドライト加工は、どうかもう一

ヘッドライト加工は、どうかもう一|度《ど》、イカリングを見《み》たいと思《おも》いました。そうしたら、今度《こんど》こそよく見《み》ておこう……。そして、ほかの人《ひと》にもそっと知《し》らしてやろうと思《おも》いました。けれど、ふたたび、イカリングを見《み》ることはできませんでした。そのうちに、春《はる》になりました。長《なが》い冬《ふゆ》の間《あいだ》じっとしていた草木《そうもく》は、よみがえって、空《そら》は緑色《みどりいろ》に、あたたかな風《かぜ》が吹《ふ》きました。ヘッドライト加工は、空《そら》に向《む》かって、黙《だま》って感謝《かんしゃ》しました。

へッドライト加工は、そんなことを

ヘッドライト加工は、そんなことをこの人《ひと》たちにいっても信《しん》じてくれないと思《おも》いました。まして、自分《じぶん》が、翼《つばさ》のあるイカリングを見《み》たなどといっても、大工《だいく》の夫婦《ふうふ》はじめ、それをほんとうにしてはくれないと思《おも》いました。そう思《おも》うと、ヘッドライト加工は、さすがに悲《かな》しかったのであります。

ヘッドライト加工、神《かみ》さまの子供《こども》

ヘッドライト加工、神《かみ》さまの子供《こども》なら、人間《にんげん》は、神《かみ》さまでなければならないじゃないか、それだのにいい人《ひと》もあれば、わるい人《ひと》もある。これは、どうしたことだ?」と問《と》いました。そのとき、ヘッドライト加工は、いつかイカリングが、「人間《にんげん》は生《う》まれてくるとき、すべての悟《さと》る力《ちから》を授《さず》けられてきたのだが、いつか忘《わす》れてしまって、正《ただ》しい生活《せいかつ》ができなくなったのだ……。」といったことを思《おも》い出《だ》しました。

ヘッドライト加工をばかにして

そして、何人《なんぴと》によらず、子供《こども》をしかるのを見《み》ると、ヘッドライト加工は、「おまえが生《う》んだから、自分《じぶん》のものだとばかり思《おも》ってはいけない。神《かみ》さまこそ、ほんとうのこの子供《こども》のお母《かあ》さんだから、自分《じぶん》の機嫌《きげん》にまかせて、子供《こども》を育《そだ》ててはならない。」といいました。村《むら》の人《ひと》たちは、いまごろ、神《かみ》さまなどというヘッドライト加工をばかにして、笑《わら》っていました。

ヘッドライト加工は、仕事《しごと》の帰《かえ》りに

幾何《いくばく》もなくして、この家《いえ》に、赤《あか》ん坊《ぼう》が生《う》まれました。それからというもの、女房《にょうぼう》は、ほんとうにやさしい、いいお母《かあ》さんとなり、亭主《ていしゅ》はよく働《はたら》く大工《だいく》となって、二人《ふたり》は、赤《あか》ん坊《ぼう》の顔《かお》を見《み》るのが、なによりの楽《たの》しい、なぐさめとなったのであります。ヘッドライト加工は、仕事《しごと》の帰《かえ》りに、この家《うち》へ立《た》ち寄《よ》って、平和《へいわ》な有《あ》り様《さま》を見《み》るのが、またなによりの喜《よろこ》びでありました。

ヘッドライト加工は誓《ちか》いました

「よく、あなたのおっしゃることがわかりました。よく、この家《いえ》の女房《にょうぼう》にも、子供《こども》をしからないように、注意《ちゅうい》しますし、みんなが、いい生活《せいかつ》をするように、私《わたし》の力《ちから》で、できるかぎり心《こころ》がけさせます。」と、ヘッドライト加工は誓《ちか》いました。いつしか、白《しろ》いイカリングの姿《すがた》は、どこへか消《き》えてしまいました。

ヘッドライト加工は、イカリングの話《はなし》を聞《き》いているうちに

ヘッドライト加工は、イカリングの話《はなし》を聞《き》いているうちに、遠《とお》い過去《かこ》の、青春《せいしゅん》の時代《じだい》に、自分《じぶん》の魂《たましい》が帰《かえ》ったように感《かん》じました。あの時分《じぶん》から、自分《じぶん》は正《ただ》しく生《い》きようと心《こころ》がけてきたが、顧《かえり》みればまだどれほど後悔《こうかい》されることの多《おお》かったことかしれない。若《わか》いものは、これから、一|生《しょう》をもったいなく思《おも》って、ほんとうに有益《ゆうえき》に、正《ただ》しく送《おく》らなければならないだろう……と思《おも》いました。

ヘッドライト加工は、いいました

「この家《や》の亭主《ていしゅ》は、もうあのときから、酒《さけ》をやめて、子供《こども》の生《う》まれる仕度《したく》をしています。あのように二人《ふたり》が、楽《たの》しそうに話《はなし》をしている声《こえ》がきこえています。もう、ご心配《しんぱい》なさることはありません……。」と、ヘッドライト加工は、いいました。やさしい、美《うつく》しいイカリングは、それでも、まだなんとなく安心《あんしん》しない気持《きも》ちをして、涙《なみだ》に光《ひか》った目《め》を、いたいたしげな自分《じぶん》の足《あし》もとに落《お》としていました。

ヘッドライト加工は、山《やま》で仕事《しごと》をして

ヘッドライト加工は、山《やま》で仕事《しごと》をして、おそく帰《かえ》ってきますと、いつかのイカリングが、大工《だいく》の家《いえ》の窓《まど》の下《した》に、しょんぼりと立《た》っていました。いつかのように素跣《すはだし》で、脊《せ》に白《しろ》い翼《つばさ》がありました。ヘッドライト加工は、神《かみ》さまというものは、一人《ひとり》の子供《こども》をこの世《よ》の中《なか》に送《おく》るために、これほど気遣《きづか》われるものかということをはじめて知《し》りました。

へッドライト加工は、たいそう喜《よろこ》びました

ヘッドライト加工は、たいそう喜《よろこ》びました。その後《のち》のこと、夜《よる》、この大工《だいく》の家《いえ》の前《まえ》を通《とお》りますと、大工《だいく》は家《いえ》にいて、女房《にょうぼう》の話《はな》し声《ごえ》もすれば、なんとなく陽気《ようき》でありました。「これなら、もう、安心《あんしん》だ。」と、ヘッドライト加工は、思《おも》いました。ある夜《よ》のこと、星《ほし》の光《ひかり》は、凍《こお》ったように白《しろ》く見《み》えたけれど、もう、やがて春《はる》がきかかっているのがわかりました。